お小遣いサイトの歴史
スマートフォン対応お小遣いサイト

お小遣いサイトの歴史というのは比較的浅く、誕生からまだ10年も経っていません。

日本で最初のお小遣いサイトはお財布.comやmoppy(モッピー)辺りになり、これらのお小遣いサイトでもオープンは2002、2003年

当初は携帯そのものがネット使い放題ではなく、稼げば稼ぐほど携帯料金が跳ね上がるため、効率が良いとは言えず、現在ほど世間に浸透していませんでした。

この頃、他にもいくつかのサイトが存在しましたが、ユーザーを集めることが出来ず、閉鎖になっています。

しかし、2005年頃に携帯のネット使い放題プランが普及して以降、多くの人がお小遣いサイトを利用し、それに伴い新たなお小遣いサイトが誕生していきました。

この頃に誕生し、現在も運営しているのがミリオンヒットやget money

特にミリオンヒットの誕生は当時としては珍しく、サイト内で遊びながらポイントを貯めれるという画期的な内容で多くの人が利用していました。

翌年の2006年にはミリオンヒットの様な独自性のあるお小遣いサイトが数多く誕生しますが、大半が既に閉鎖になっています。

この2006年以降3年間は稼げはするものの、その額が一ヵ月数百円、数千円程度にしか満たないサイトが多くなり、お小遣いサイトを利用する人そのものが少なくなっていきますが、2009年、独自性があり、稼ぎやすさという意味でも従来のお小遣いサイトにはなかったスケールのサイトがオープンします。

当サイトでも紹介しているキラキラウォーカーです。

このサイトはこれまでのお小遣いサイトでは何年かけても稼げない様な額を短い期間で稼ぐ事ができるとあっという間に広まり、現在まで多くの人が利用しています。

また、キラキラウォーカーに遅れること1年、manekin、翌年にはgaloo
そして2011年にはPOCOがオープンになりました。

上記サイトは歴史としては浅いですが、古いお小遣いサイトにはない機能やデザインによって若い人を中心に広まりを見せています。

これと同時に、老舗サイトもデザインや機能ともに、キラキラウォーカーの様な現代的な内容にシフトしていっています。

スマートフォン対応お小遣いサイトTOPページへ


copyright reserved 2012〜
スマートフォン対応お小遣いサイト



- mono space -